石鎚山ロープウェイ

9月23日(火曜日) 
愛媛県西条市にある、四国一番高い『石鎚山』に行ってきました。
b0102639_21492840.jpg

友達と、一度登ってみたいと。話しているので、
   下見にロープウェイで、石鎚神社成就社まで行ってきました。
b0102639_21545262.jpg

7分のロープウェイの空中遊泳です。
  標高455mから1300mまで一気に登っていきます。
  結構高く少し怖いくらいでした。。紅葉の時期はきれいだろうな!!
b0102639_2282820.jpg

ロープウェイで登り、リフトに乗継、展望台・成就社に行きます。
b0102639_2284480.jpg

思った以上に立派な神社がありびっくりしました。
常駐の旅館も境内に数軒あり、無休で営業しているよいうです。。
b0102639_2294667.jpg

丁度お昼時でしたので、『石鎚ソバ・500円』食べました。 o(*^▽^*)o~♪
b0102639_2217560.jpg

 
[PR]
by hannzou0522 | 2008-09-27 22:27 | 山歩き・山小屋 | Comments(0)

8月15日0時頃、高山市久々野町に入りました。
名古屋から、約150km国道41号線沿いに約4時間車で走ります。
岐阜県山間部に入ると夕立ち、通り雨、結構大粒の雨でした。
 真夜中だと、さすがに車は少なく渋滞のストレスは有りません。。
b0102639_22474311.jpg

15日起きると、木立の中は霧の中でした。。。
     もう少し早くカメラを向けると、もっと霧が濃かったのですが、残念です。
名古屋からすると、天国の様な涼しさですが、昨晩の雨のせいで、
湿度が高く少し動くだけで大珠の汗が噴き出ます。
昼前まで、何時雨が降るかわからないような天気でした。
b0102639_2252453.jpg

せっかくの夏休み、近場で楽しもうと近くに有る(アララギ湖)に川遊びに行くことにしました。
半蔵は怖がり?慎重派?臆病?水に入るのに、こわごわでした。  笑笑
b0102639_22521531.jpg
 
お友達のお孫さん達も昼前に到着、一緒に魚釣り、川遊びです。。。かっこだけは一人前です。。
釣りは初めて、ミミズ、バイオを見るのも初めて、勿論触るのも初めて、竿の入れ方も初めてでしたが、子供はすごいですね、少し教えると一著前です。魚も数匹釣る事ができました。。よかった、よかった
  こんな良い湖畔ですが、市区町村統合で管理人がいなくなり、遊びに来ている人が居ません。勿体ない事です。。ゆっくり遊べたので私達は良かったです。(●^o^●)
b0102639_2353239.jpg

夕飯は、BBQです。お肉、お野菜、お酒もたくさんいただきました。。。
そうこうしている間に、久々野の花火大会の時間になりました。(20時から)
b0102639_2381830.jpg

花火は、河原から発射されます。アルコピアスキー場の駐車場まで、カメラ、ビールを手に観覧に行きました。
ここからだと、首を傾けなくても花火を見る事ができます。。お得です・・・
b0102639_2375186.jpg

b0102639_238563.jpg

30分間でしたが、大迫力の花火に堪能しました。。。おみごと・・・
毎年これが楽しみの一つになっています。
 今年はこの穴場での観客が増えていました。昨日は10人居るか居ないかでしたが、今年は、20人はいました。。。でも、少ないですo(*^▽^*)o~♪
[PR]
by hannzou0522 | 2008-08-18 23:30 | 山歩き・山小屋 | Comments(0)

世界遺産 石見銀山

島根に行ったついでに、昨年世界遺産に認定された 石見銀山 に行ってきました。
  実家より、西に約60キロの所にあります。
  小学校の遠足で行った覚えがあります。。。確か!!
   勿論その当時は、世界遺産で無く、「五百羅漢」を見た気がします。。。!!
  懐かしく思い、尋ねる事にしました。

 『大久保間歩一般公開ツアー』 に参加しました。
   始めに、観光案内のおじさんから、今日のツアーの予習がありました。
b0102639_22343845.jpg

 石見銀山世界遺産センター内のジオラマを見たり、写真を見て、銀山の歴史地理などを学びます。入山入口まで専用バスで移動です。ここでも、銀山の話は勿論ですが、山氏や、発掘の時の苦労話などを聞きました。

b0102639_22384885.jpg

さて、出発です。
  途中から、舗装道から砂利道変わります。
  ここより、世界遺産、許可無く手を加える事の出来ない領域に入りました。

b0102639_2240344.jpg

大久保間歩に到着です。
 間歩の入口は気温12度でした。。。。ふー 涼しい。。気持ちいい。。
 思った以上に大きな間歩(洞窟)でした。縦横とオドロキデス。
  江戸の時代から、明治の時代に掛けて銀、銅などの採掘した後です。。。歴史を感じます。
  鉱山で働く人達の平均寿命は30歳くらいだったそうです。。過酷な仕事です。
b0102639_2249373.jpg

 間歩から出てきたら、カメラのレンズがかすんでしまいました。。。。また35度の世界です。

b0102639_237378.jpg


釜屋間歩です。
 大久保間歩より数分山を登り、丁度山の中腹位に位置します。

 谷に沿って、両側に多くの家屋があり、多くの人が生活していたそうです。。
 
 下から登ってくると、少し開けた所に出てきたと思うだけの所です。

 想像力をふくらます所です。













b0102639_23293259.jpg

釜屋間歩は、16~17世紀にとても繁栄していただろうと思われる遺跡です。
謎の岩盤遺跡とでもいいましょうか?? まるで、天空の城・・って感じです。。
山の中腹、水の利用方法が素晴らしいと 説明がありました。。
山肌に伝る水を岩盤に水路を掘り、大事にしていたとの事です。
   私達現在人も、エコ、節約、見習わなければいけないと考えさせられます。
発掘をした時は、竹藪で覆われて影形わからないほどだったそうです。竹を切って行く中に なんだなんだと驚きの発見だったとの事でした。
 説明を聞いて居る内に、私も古き昔の人になった気分でした。また、一緒に竹藪をかき分けている気分になりました。

2時間30分のツアーで料金3800円・・少々高い(-.-;)
でも、とても満足しました。今度又、お弁当を持ってハイキングに来たいと思いました。

 
最後に、今回の装いを紹介します。
b0102639_03116.jpg

        あ~あ 楽しかった!! o(*^▽^*)o~♪

 
[PR]
by hannzou0522 | 2008-07-31 23:52 | 山歩き・山小屋 | Comments(2)

2月9日は日本全国で雪が降ったようです。
 ここ、愛知県でも見る見る打ちに10センチの雪が積もりました。

2月10日(日曜)目が覚めると、晴天です。。。
   K夫婦さんより。。。お誘いの電話が有りました。 
      天気が良いので、設楽郡面の木公園に雪遊びに行きますが、行きませんか。。。
   呑気夫婦は、。。。即答です。
      行く行く!!連れて行って下さ~い。。。ヽ(^o^)丿

b0102639_23213212.jpg

  綺麗です。。。天気も良く、雪、山  美しい・・・・・・
   この山に散歩と行きます。。。長靴を履いて、出発です。
b0102639_23235920.jpg
b0102639_23242985.jpg

b0102639_23404558.jpg

b0102639_23255331.jpg

b0102639_23261993.jpg

  展望台からの景色です。。 
b0102639_2326497.jpg

  何かに見えませんか??何かの動物!!ザリガニ!!  ナンでしょう!!
b0102639_23293937.jpg

 半蔵もハッスルです。  
 私たちの前を走って姿が見えなくなったと思ったら、確認をする為に引返してきます。
 普段、コタツ犬として君臨している半蔵
   こんな躍動感が有るとは、惚れ惚れしてしまいます。カッコイ~  笑笑
[PR]
by hannzou0522 | 2008-02-10 23:49 | 山歩き・山小屋 | Comments(2)

馬籠宿→妻籠宿へ

11月4日 日曜  天気。。秋晴れの良いお天気でした。! (^_-)-☆
  紅葉の時季、3日は室内で過ごしたので、どうしても4日は外に出かけたい。。。。
  半蔵も一緒に出かけられる所は無いかな??と思い、
  以前から歩いてみたいと思っていた
  中仙道 馬籠宿から、妻籠宿
   までの8k弱を歩くことにしました。
b0102639_13492498.jpg

b0102639_13494895.jpg 
馬籠の駐車場に着いたのは、9時50分でした。
羊雲も綺麗です。さて、半蔵歩こうね。。
  
  予定では、2時間そこそこで完走できるはず、半蔵も一緒なので3時間でいけるかな??
いざ、出発!!

b0102639_1491838.jpg
 何処に行くにも、コンビニのお世話になっているのですが、今回は寄るのを忘れてしまいました。リュックに入っている食料は、水ペットボトル3本。飴ちゃん4個。クッキー2個。ガム少々。何て心細い事!!~(>_<。)~
 丁度、街道沿いに、一軒のお食事所・樹梨「栗おこわ飯」発見。持ち帰りにしていただきました。。。2個購入
  之で安心。何時でも食事できます。。
b0102639_1356574.jpg

街道沿いの軒先で、田舎の秋を感じました。
大豆の天日干し、里芋天日干し、長いもの天日干し、さつま芋の天日干し・・
             のどかですね(^-^) 
b0102639_14241776.jpg

田んぼのあぜ道に腰掛けて、早速、先ほど買った「栗おこわ飯」を、1つを開けて戴きました。空気も美味しいし、おこわも美味しかった!!
b0102639_14292185.jpg

b0102639_14283044.jpg

馬籠峠に到着です。峠の茶屋で「笹餅」を食べる。。半蔵に先を越されそうです。。。
味は、あんこの入ったヨモギ餅を笹に包んであり、草の香りがしました。
b0102639_14335148.jpg

此処から、妻籠に向って下りに差し掛かります。
人気も無かったので、半蔵はリードを外してやったら、飛んで行きました。私たちの姿が見えないと、走って帰ってきます。。。元気ハツラツ!!
b0102639_14362564.jpg
張り切りすぎて、水をがぶ飲みです。。相当、のどが渇いたようです。(^-^)








b0102639_14594710.jpg

以前、登った「南木曽岳」が、目の前に見えてきました。
あそこに登ったんだと、改めて確認しました。
b0102639_14381240.jpg

田んぼの中を歩きます。所々、イノシシ避けの柵がしてあります。微量の電気が通っているようで、半蔵も触れてしまい、驚いていました。。。( ̄m ̄〃)
b0102639_14432893.jpg

妻籠宿に差し掛かった所に有った、「五平餅屋」によりました。
このお店は旧街道と、新街道に面しているようで、新街道には車がたくさん有りました。が、旧街道沿いの縁側は私たちだけで、やじさんきたさんになった気分でした。築100年以上と言う事でした。 
b0102639_14583195.jpg

到着。。12時50分・・・・丁度3時間でした。
 中仙道のイメージは、暗く、山の中を黙々と歩くのかと思っていましたが、明るく、楽しく歩けました。天気のおかげかも知れません。
 妻籠宿のお蕎麦屋さんの軒先で、すすり、残りのおこわを食べゆっくりとした、時間が過ぎました。
b0102639_15204914.jpg

宿場町の方、可愛い、綺麗な、御もてなしの気持ちが嬉しくなります。 
b0102639_1594611.jpg

 帰りは、当初は往復歩くつもりでしたが、なんだか疲れてしまい、ワタパパが路線バス(600円)で、馬籠まで帰り、迎えに来てくれることになりました。

b0102639_1572081.jpg

帰る時の車の中からの夕日です。
 一日たのしかった!!!半蔵は、後ろのシートで夢の中です。
[PR]
by hannzou0522 | 2007-11-06 15:27 | 山歩き・山小屋 | Comments(4)

10月6日 土曜日 天気・・曇りのち晴れ
 朝6時、家から約200km乗鞍岳に出発です。
 東海北陸自動車道を一路北に向かい、飛騨清美→高山清美道路→
       高山市街。国道158号線→
  朴の木平駐車場(9時過ぎ)奈良からの友達(オーさんご夫婦)と待ち合わせをしています。
  此処より、専用のバスに乗り換えて(9時30分発)、
  畳平(10時20分着)。。さて、歩き始めましょう。。
    朴の木平駐車場が標高1200mから、一気に畳平2702mに着きました。
    天候は曇り、気温もいっきに下がっていました。半袖シャツに長袖のシャツ2枚を重ね着しました。今の時期厚手の上着、手袋は準備したいです。
  

b0102639_2316187.jpg
  
 
 (悲しいお知らせ) 
  畳平から頂上 剣ヶ峰山頂までの写真を、クリア、初期化してしまいました。。( ̄m ̄〃)
  朝の景色、初めての3000mの頂上(万歳をした所)全てなくしました。涙涙
    と、言う事で、写真は、下山の模様を写して行きたいと思います。



b0102639_23252450.jpg

  頂上の写真はありませんが、初3000m登りました。剣が峰3026m・・・ヤッタ!!
b0102639_23304939.jpg 
蚕玉岳まで降りてきたところで写真を全て消してしまいました。

此処で、記念写真としました。。。

落ち込んで居ると、オーさんの旦那様がコーヒーを入れて下さいました。
青空の下でのコーヒーは美味しかった♪(゚▽^*)ノ⌒☆
写真の事は忘れる事にします。




b0102639_23423562.jpg

  蚕玉岳から望むの権現池です。
  左に見える白い所は、万年雪です。今年の夏は暑かったが、雪が残っていました。
  ここの残雪ではありませんが、大雪渓ではスキーをしているところが見えました。
  一年中スキーが出来るんだなと、オドロキデス。
b0102639_23581945.jpg

  蚕玉岳から望むの肩の小屋方面です。
  青空に白いコロナ観測所、赤い屋根の宇宙線研究所、古びた肩の小屋箱庭の様です。
  山の向こうの方に、槍ヶ岳や穂高が見えていました。(写真では小さくて見えるかな!!)
  肩の小屋まで降りて、昼食にする事にしました。
b0102639_031455.jpg

  登る人も、下る人も、休憩を取る場所となっています。
  各々が、売店でアイス、ビール、食事を買って食べている人や、おにぎりを食べる人、昼寝をしている人、トイレ休憩をする人様々です。
  私達も、何時も通りラーメンを作って、オー婦人が持ってきて下さった、おにぎり、みかんを食べて、休憩です。本当に、この一時が一番幸せに感じる時です。! (^_-)-☆
  朝の寒さは何処吹く風で、気温が上がり、又半袖シャツで丁度の気温になりました。
  風も無かったので、体感気温が高く感じたのかもしれません。
              休憩も充分、バスターミナルに下山する事にします。
b0102639_0184399.jpg

 進行方向右手に、松本からの乗鞍スカイラインがハイ松の間を曲がりくねりながら少し紅葉しだした谷あいを走っていました。ハイ松が緑がベルベットのジュータンのようでした。
b0102639_0252759.jpg

 向こうの山が、「富士見岳」です。2818m一山登って帰ることにします。
 青空がとっても綺麗で、少々の辛さも忘れさせてくれます。
b0102639_028914.jpg

 富士見岳に登って少ししたら、したから雲が湧き上がってきました。
 雲を手ですくってみたい、食べて見たいと 思いましたが、そこに有るのに触る事が出来ませんでした。~(>_<。)~
 長居は無用です。早めの下山とします。

b0102639_0293090.jpg

 畳平の駐車場が見えました。
朝来た時は、寒くて寂しい感じがしましたが、帰りはこの通りとっても気持ち良いです。
 15時発のバスで帰りました
b0102639_035869.jpg

朴の木平駐車場の横にある、「ジョイフル朴の木温泉」600円にて汗を流してかえる。
b0102639_0353660.jpg

半蔵も、半日駐車場の「ペット預かり所」でまっていてくれました。
入った事の無い、狭いゲージで我慢していたのでしょう、おしっこの長さに驚きました。
ゲージの水のみ器を壊したそうです。




乗鞍はとても登りやすく、歩く距離も大した事は有りませんが、変化に富んだ景色の良い山でした。又、今度機会があれば足を運びたいと思います。
 今日の天気が一番の登山日和の立役者でした。
 専用バスは、大体一時間に一本は出ています。時間帯によっては、30分間隔に成っていました。
 料金は往復2000円、肩の小屋でのトイレは100円、ペット預かりは無料です。
 
[PR]
by hannzou0522 | 2007-10-11 01:03 | 山歩き・山小屋 | Comments(8)

八ヶ岳・硫黄岳

9月23日(日)  天候=曇り時々小雨
 八ヶ岳連峰  硫黄岳 に出発。。。
b0102639_1922259.jpg
 八ヶ岳連峰は八ヶ岳中信高原国定公園の一部である。

  名称の由来は  
①「八」は古来多数の意があり、多くの峰が連なっている事。
②八つの峰の連なりと見えた事。
   色々有るそうですが、八峰を左に書き上げて見ました。

赤い線のルートで約6時間半歩いてきました。
  






b0102639_19195815.jpg 
車で走っていると、天狗岳と、硫黄岳の分岐点が見えてきました。
いよいよ、硫黄岳の駐車場方面に進んでいきます。
車一台が通れる位の細い砂利道を数分進んでいくと、駐車場として整備されていませんが、少しの隙間に車を止めました。8時でしたが、満車に近い。。もっと早い方がベスト。。



b0102639_19275345.jpg
 緩やかな山道を約30分ほど歩くと、夏沢鉱泉に到着。。。
 ハイキング気分です。

 目指す、硫黄岳方面は、雲の中です。

 休憩することなく、進みます。






b0102639_193446.jpg
 夏沢鉱泉からオーレン小屋までの景色です。
 小さな小川沿いに山道を登っていきます。小さいが水量の有る滝を時々見ながら楽しい。
 コケがびっしりジュータンのような森の中をマイナスイオンたっぷり。。木霊になった気分

歩き始めて50分の所で休憩をしました。 空気の良いところでのおやつは美味しい・・・


b0102639_1953423.jpg
 約9時20分オーレン小屋に到着。。。
 トリカブトの花が出迎えてくれました。
 
 先ほど休憩をしたので、休憩することなく、前進あるのみ。。。





b0102639_19582031.jpg
 オーレン小屋から、夏沢峠までは、約20分位です。
 先ほどとは少しずつ景色が変わってきました。
 道も石が多くなり、勾配も少しずつ急になります。。 
でも、まだ、余裕です。。。
 
b0102639_20327100.jpg
9時45分 夏沢峠 到着。。。
残念な事に、雲のジュータンで景色は残念でした。
休憩中に硫黄岳山頂を見ると、九十九折の道を多くの人が歩いているのが、うっすらと見えました。   ここらかは、急な上り坂になります。


b0102639_20113273.jpg
さて、頂上目指して行きます。
最初は、木の合間を歩きますが、そのうち、ハイ松を右に見ながら、九十九折の石の道を歩きます。
勾配も急になってきます。私の足取りも亀になってきます。
天気が良いと、景色最高で楽しい山登りですが、今日は残念。。。

b0102639_202158.jpg

約10時50分。 硫黄岳頂上 到着。。。
返す返す、残念。。。曇り。。太陽が出るのを期待をしながら、頂上のコーヒーを一杯。。。
太陽どころか、小雨が降ってきました。。昼食には少し早いので、下山する事にします。

b0102639_20265037.jpg
硫黄岳から、岩の間を慎重に下ります。
360度パノラマで、絶景が見えるはずです。
ハイ松の山肌もとても綺麗でした。










b0102639_20304256.jpg
横岳と、オーレン小屋の分岐点。。
景色が一変します。。植物はハイ松だけの乾いた山肌から、木々が生い茂って居る方に、進行方向を変えます。。
しっとりとした登山道、可愛い実も咲いていました。





b0102639_2040563.jpg
約12時30分  オーレン小屋に到着。。。
約3時間で一周してきました。 
可愛い花や、「うそ」と言う名の鳥が迎えてくれました。
 お腹がぺこぺこ 湧き水でお湯を沸かし、ラーメンを食べることにします。
 この時が一番好きです。。




さて、栄養補給も、休憩も充分に出来ました。
来た道を駐車場を目指して下山していきます。
約1時間気を抜かぬように行きましょう。。。

  約14時30分。駐車場着。。
無事何事も無く、楽しい登山が出来ました。
[PR]
by hannzou0522 | 2007-09-27 20:56 | 山歩き・山小屋 | Comments(3)

南木曽岳

10月21日 (土曜日)   天気;;快晴・・・最高!!
 長野県南木曽町の南木曽岳(1677m)に行きました。
 朝夜明け前の名古屋から、SIさんご夫婦と、パパの4人で、出発します。 (5時30分)

国道19号線沿いの馬籠宿の道標を見送り、国道256号線に入り妻籠宿を通り過ぎ、蘭(アララギ)キャンプ場を通り過ぎ、やがて駐車場と成ります。
b0102639_210237.jpg
  
  現地駐車場、8時過ぎ到着・・・・
             車が数台止まっていました。関西、関東の車もあります。
             皆さん早くからの出発のようです。

さて、私達も出発です。
SIさんの奥さんは別行動で妻籠宿などを写真撮影に出かけ、13時30分集合と言うことで分かれました。
b0102639_213777.jpg
 
非難小屋の登山届けに記入し、トイレを済ませ登山道の方に向かいます。(8時30分)

天気も良く、森の中はひんやりして、穏やかな道のりでハイキング気分でルンルンです。
b0102639_21312415.jpg

↑『金時の産湯の池』  ↓『金時の洞窟』
b0102639_21315521.jpg

いきなり、急勾配のそれも、ハシゴと鎖の険しい道のりになってきました。
登っても登ってもいやに成るほどです。
b0102639_21504385.jpg

私は、登りになるとイキナリ無口に成ります。。もう帰りたい!嫌だ!
なのに、後ろからパパは大きな声で.
    『よっこい 正一!!ファイト!!』挙句のはて歌を歌い出す有様!!・・ムカついて来ます。
b0102639_2144311.jpg

『兜岩』  今にも落ちてきそうです。
b0102639_21512164.jpg

九十九折のような階段を登り、徐々に勾配が緩んで来ました。笹が多くなってきます。
b0102639_2294378.jpg

『山頂と三角点』  (10時30分)
やった!!山頂、三角点に到着です。しんどさが安堵にと変わってきます。
しかし、此処では眺望は望めません。木立の中で涼しい一時を過ごします。
b0102639_22272846.jpg

『南木曽岳大神』
神様に、此処まで無事歩けたことに感謝と、下山までの安全を祈願しました。
b0102639_205926.jpg

b0102639_22274797.jpg

b0102639_2228461.jpg

『展望台』
背丈も有りそうな笹原を通り過ぎると、360度見渡せる最高の展望台です。
スッゴイ!!最高です。
御岳、中央アルプス山脈、恵那など、一望です。
ここで、昼食にしました。おにぎりと、今回は、コーヒーを沸かして飲みました。
遠足感覚です。レジャーシートを敷いて、靴を脱ぎ足を伸ばします。

他の登山者も各自各々に、ラーメンを作る人、コーヒーを沸かす人、昼寝をしている人、様々でした。
b0102639_22284762.jpg

 そんなこんなしていたら、団体の登山者が登って見え、込み合い始めましたので私たちは早めに下山し始めました。  (11時40分)

笹原を掻き分けて下ります。
『麻利支天』
大きな岩の上に立って、最後の展望を楽しみます。
   私は、岩に登るのがちょっと怖そうだったので、止めました。そこに登らなくても、全てが景色満点です。

下りの急勾配のハシゴ、鎖!尋常では有りません。・・・皆さんは、前を向いて降りていきますが、私は、後ろ向きでハイハイです。。
本当に怖いんです。下を見ると、10数メートルハシゴです。マッ逆さまに落ちそうです。
天気がよく、木のハシゴが乾燥しているので良いのですが、雨で湿っていたら私にはお手上げと思われます・・・フー
   ≪降りるのが精一杯で、写真を撮ることが出来ませんでした。残念!!≫

下山しました。。。登山届けに、記入をします。 (13時30分)

SIさんの奥さんと合流。
b0102639_22571593.jpg

『雄滝と雌滝』
駐車場より数分で行ける、滝を観に4人で行きます。
空気がひんやりと、和ませてくれます。

  見所満点、歩き応えのあるのコースでした。
  しっとりした森、ハシゴ、鎖、岩登り、急な坂、笹原、眺望、高野松、変化に富んだ山歩きになりました。

疲れた体を癒すために、車ですぐのあららぎ温泉に行きました。b0102639_22581776.jpg
この温泉がまた、最高です。天然温泉の湯を引いているそうで、肌がつるつるになります。
コウヤマキで出来た湯船に入り、体をマッサージです。。。気持ち良い~~ヒノキもふんだんに使われています。

名古屋に向かって帰ることにします。 (15時15分)

  。。。楽しい一日をありがとうございました。。。。
[PR]
by hannzou0522 | 2006-10-24 23:23 | 山歩き・山小屋 | Comments(6)

10月7日(土曜日)   
  1月前から計画をしていた、
   北アルプス乗鞍岳の北西山麓に広がるの五色ヶ原(カモシカコース)に、お友達3夫婦で行きました。
   標高1300m~1620m、距離6.7キロを、7時間30分掛けて歩きます。

  朝、7時30分現地案内センターに集合。
  名古屋を早朝4時前に出発です。
   天気・・・星空、満月と、雲ひとつ無い清々しい朝。。。。わくわく、うきうき
b0102639_18264093.jpg

  現地に到着、準備体操をして出発です。。。7時45分でした。
   五色ヶ原の天気は・・・・雨も止み、曇り空!!・・・ 
        昨日の雨で、緑がいっそう際立ちます。。。。皆でレッツラゴー!!
b0102639_18335812.jpg

 手付かずの希少な自然が豊富に残る秘境と言われて居ます。
 と言う事で、地元ガイドさんが同行でないと足を踏み入れることの出来ないところでした。
 この、おじ様は 清水さん と言い、私達の強い見方に成ってくださった方です。
b0102639_18435538.jpg

 雨上がりで、山には霧が掛かっていました・・・・空気が美味しい!!!
 紅葉にはもう少しです。。。。高山はまだ色づいていませんでしたが、
                   さすが、ここでは、ほんのり色づき始めています。
b0102639_18595195.jpg

b0102639_190437.jpg

b0102639_220478.jpg

多くの滝が待っていました。。。圧巻です!!!豪快です!!気っ持・・イイ
今まで見た滝の中で、どの滝もすばらしい!!歩いた甲斐がありました。

 途中から雨に祟られました。。
   初めて、カッパを着て歩きます。思ったより楽しい!!子供の頃を思い出します。
 ゴールに着くと、特産のトマトが待っていてくれました。。。美味しいおやつでした。
b0102639_19382066.jpg


 
[PR]
by hannzou0522 | 2006-10-11 19:53 | 山歩き・山小屋 | Comments(0)

登山道を掲載します。。。。。歩く事7時間と少し

 ↓出発まじかの水場!!   ここに、沢蟹が居ました・・・ 
  とても冷たくて 飲み水に成るそうです。。。とっても雰囲気の有る場所でした。
  昔の人は、このような水を飲みながら旅をしていたんでしょうね。。。。
b0102639_17522742.jpg

↓東海自然道より、鹿島山、大鈴山、平子明神山、岩古谷山に向かって出発です。
  鹿島山(912m)いざ出発!!
     始めは、声高らかに・・・・高さを増すごとに無口に!!
                  不機嫌な気持ちに成るのは、私だけでしょうか??
b0102639_17525651.jpg

 ↓鹿島山より大鈴山(1011m)にいざ出発!!
  なんだか、山が変わってきました。 時々、大きな岩の間を歩きます。
b0102639_1754149.jpg

 ↓大鈴山完走!!平山明神山(867m)へいざ出発!!
  せっかっく登った山を、急降下です。
  今にも転げ落ちそうな道です。。。。写真では解り難い
b0102639_17555981.jpg

 ↓明神山より、岩古谷山(799m)へ出発!!
  今回の一番の難関 岩肌をロープを手に降ります。
    涙がでそうでした。。。こんな経験、初めてです。。。ううううう   
  今までの道は険しい上り下りでしたが、この間は勇気を試される道でした。   
  クリアしても、クリアしても、又立ちはだかる岩肌でした。。。
             無事、クリアしたものです。  良かった良かった!!
b0102639_2254617.jpg

 ↓岩古谷山の、ふもとまでどうにか無事到着しました。空模様が少しあやしくなってきたので、諦めて十三曲がりを下って駐車場へいざ出発!!
  本当に、十三曲がるのかと、大きな声を上げて数えながら歩きました。。。丁度十三曲がりました。。。。子供みたいでしょ・・・
b0102639_17334215.jpg

今回は四人で行きましたが、皆さん健脚さに驚きました。
皆さんに、迷惑を掛けず付いていけたことに、自分自身に満点を付けたいと思います。(自分にアマイ!!)
最後の十三曲がりの緩やかな下りは、太ももがだるくなってきました。

 気軽な気持ちで、里山登山をと思って出発しましが、侮ってはいけませんね。   
~~~  ~~~  ~~~  ~~~ ~~~  ~~~   ~~~  ~~~ 
 翌日は、自分の体が他人の体のようでした。。。筋肉痛は今日も、続いています。。アレレ 。。。。自然を満喫しました。。。
[PR]
by hannzou0522 | 2006-09-27 19:06 | 山歩き・山小屋 | Comments(0)