琺瑯看板研究所  (看板と広告の資料館)

b0102639_10161536.jpg

『自宅をまるごと資料館にしてしまいました。』と、以前ラジオで小耳に入れた情報をもとに、早速行ってみることにしました。

 サミゾチカラ コレクション
は、ご本人が青年時代から40余年にわたり集められたホーロー看板をメインに木彫看板、日本の広告史を飾った引き札、キャラクターグッズなどの資料を収蔵したものだそうです。
その数は約20,000点だそうです。



 
b0102639_10135284.jpg

敷地内の塀は低く抑えられ、何処からでも、誰でも ウエルカムで~す。
 
b0102639_10162894.jpg

玄関左の壁一面に、昔懐かしい看板が・・・あっ!!知ってる!!
 
b0102639_10171721.jpg

裏に回ると、ゲゲ!!太田胃散ばっかり・・・・

   外回りも楽しいのですが、さて、本館の中にイザ・・突入ーーー(^◇^)

b0102639_10224425.jpg

↑本館の狭い玄関を入ると。。真っ赤な たばこ看板。。百枚あるそうです。
↓玄関から入り、左に曲がり階段。。。天井、左右壁。。看板で圧倒されます。
b0102639_1037655.jpg

 ↓二階に上がると、6畳二間のスペースに、所狭しと壁一面、床一面・・・・
  サトウのウサギちゃん、由美香さん、フランキー堺さん・・・だったと思います??
b0102639_10232638.jpg


   別館には、収納スペースを備えた展示場になっていました。

b0102639_102313.jpg
 
b0102639_10233668.jpg

↓琺瑯ではありませんが、木彫看板なども、ありました。
b0102639_10443777.jpg

↓昔の宣伝広告チラシも、ファイリング・・・正月に暦として配られたものだそうです。。
 琺瑯看板の本なども、出版されているようです。
b0102639_10445073.jpg

    
  愛知県豊川市にある『  サミゾチカラ コレクション
                   看板と広告の資料館
                     琺瑯看板研究所  』
 当日も、遠くは静岡から近くは蒲郡さまざまな所から見学にいらっしゃっていました。
  私達も、50キロの道のりを走ってきて、古き良き時代を感じさせていただきました。
  ワタパパと、館長の三溝力さんにはわかる事が、私には??チンプンカンプンの所も・・・・003.gif
[PR]
by hannzou0522 | 2008-04-24 11:14 | 鑑賞・見学