琺瑯看板研究所  (看板と広告の資料館)

b0102639_10161536.jpg

『自宅をまるごと資料館にしてしまいました。』と、以前ラジオで小耳に入れた情報をもとに、早速行ってみることにしました。

 サミゾチカラ コレクション
は、ご本人が青年時代から40余年にわたり集められたホーロー看板をメインに木彫看板、日本の広告史を飾った引き札、キャラクターグッズなどの資料を収蔵したものだそうです。
その数は約20,000点だそうです。



 
b0102639_10135284.jpg

敷地内の塀は低く抑えられ、何処からでも、誰でも ウエルカムで~す。
 
b0102639_10162894.jpg

玄関左の壁一面に、昔懐かしい看板が・・・あっ!!知ってる!!
 
b0102639_10171721.jpg

裏に回ると、ゲゲ!!太田胃散ばっかり・・・・

   外回りも楽しいのですが、さて、本館の中にイザ・・突入ーーー(^◇^)

b0102639_10224425.jpg

↑本館の狭い玄関を入ると。。真っ赤な たばこ看板。。百枚あるそうです。
↓玄関から入り、左に曲がり階段。。。天井、左右壁。。看板で圧倒されます。
b0102639_1037655.jpg

 ↓二階に上がると、6畳二間のスペースに、所狭しと壁一面、床一面・・・・
  サトウのウサギちゃん、由美香さん、フランキー堺さん・・・だったと思います??
b0102639_10232638.jpg


   別館には、収納スペースを備えた展示場になっていました。

b0102639_102313.jpg
 
b0102639_10233668.jpg

↓琺瑯ではありませんが、木彫看板なども、ありました。
b0102639_10443777.jpg

↓昔の宣伝広告チラシも、ファイリング・・・正月に暦として配られたものだそうです。。
 琺瑯看板の本なども、出版されているようです。
b0102639_10445073.jpg

    
  愛知県豊川市にある『  サミゾチカラ コレクション
                   看板と広告の資料館
                     琺瑯看板研究所  』
 当日も、遠くは静岡から近くは蒲郡さまざまな所から見学にいらっしゃっていました。
  私達も、50キロの道のりを走ってきて、古き良き時代を感じさせていただきました。
  ワタパパと、館長の三溝力さんにはわかる事が、私には??チンプンカンプンの所も・・・・003.gif
[PR]
Commented by あずき at 2008-04-24 20:48 x
凄い量ねぇ~一番新しい看板はどれなんでしょう
懐かしいですね
Commented by のんたん at 2008-04-24 21:36 x
本当に凄い看板の量ですね@@!

知ってる看板もありますね♪
懐かしい~そんな感じで拝見しました。

50キロの道のりをご苦労様でした。
Commented by etyam at 2008-04-24 21:51
こんばんは~・・・

驚きですね~・・ 凄い数の看板 それに同じものがいっぱい・・・
アートの世界ですね~・・・
BSHiでもこんな番組をやっていますね
あまりのにも多い数に頭がクラクラ思想です このようなものが趣味の人もいらっしゃるのですね~・・。
Commented by わたあめ at 2008-04-25 08:17 x
あずきさんへ
 家中が看板だらけでした。
 新しい看板??古い看板だらけで、わかりません。でも、田舎の道路脇にあった懐かしい看板もたくさんありました。
Commented by わたあめ at 2008-04-25 08:20 x
のんたんさんへ
  懐かしい看板もたくさんありました。でも、古すぎて私は初対面の物もたくさんありました。反対に、新鮮な感じがしました。

50km。。豊川なのでそこなのですが、1号線沿いで行ったのでちょっと時間がかかりました。。。
Commented by わたあめ at 2008-04-25 08:23 x
絵さんへ
本当に、アートの世界ですね。。。太田胃散。たばこ。目薬。張り薬など、種類別に展示して有りました。
 いろいろな趣味の方がいらっしゃるんだなと思いました。自分で集めるのはできませんが、たまに見せて頂くのは楽しいものです。
by hannzou0522 | 2008-04-24 11:14 | 鑑賞・見学 | Comments(6)