マッシャン 全快  ヽ(^o^)丿

b0102639_1163415.jpg


怪しげな絵は、我が家の「義父=マッシャン」です。
  ワシャ こんな顔じゃない!!もっと男前だぞ~~!!
  声が聞こえそうですが、本人はこのブログの事は知りませんので、無視します。

  でも、息子(ワタパパ)が見たら、怒るか、笑うか??きっと大笑いしていると思います。。



さてさて、今日はこのマッシャンのことを少し書きたいと思います。
 彼は、去年「脳梗塞」で病院のお世話になりました。重大な後遺症は残りませんでしたが、今は介護保険のお世話で週2回デイケア施設のお世話になっています。
 
 介護保険を受ける時は、3ヶ月に1度、審査があります。
 今回が、その日でした。時間としては、「1時間くらいで終わります。」との事でした。

 2時30分  年のころは、45歳過ぎ位の小奇麗な身なりの女性の方が、いらっしゃいました。
 テーブルに着くなり、調査が始まります。色々な質問がありました。
 「おじいちゃん、目の調子はどうですか?良く見えますか?」
     「目は、自慢の目だったが、病気をしてから見えにくくなった。。。
      釣りに行った時の、糸の1ミリの動きがわかったが、今はそれがわかり辛い。。
      軍隊の時は、射撃の練習で300M先の射的に一発も外さずに打てた。。
      その教官と500M先の的を狙った競争をしたが、わたしが勝った。。。
      満州に居た時、野原の中の小動物を射止めて、食べて居た。。。
        。。。。。。。。。。」  

こんな調子で、一つの質問に、脱線をしてどんどん話が長くなるのです。。。。
マッシャンの独壇場です。
しかし、彼女も慣れた物ですね、一通り話を聞居てくださるんです。
 質問の仕方も、幼稚園児に話しかけるように、丁寧です。 
 
気が付けば、1時間以上過ぎています!!!
   私も、その会話を黙って聞いていましたが、つい口を挟んでせかしてしまいました。
 それでも、その時は良いのですが、ついつい長くなってしまいます。
終わったのは、4時30分を過ぎていました。。( ̄m ̄〃)

調査の結果は、ひと月位後に解るそうです。
私としては、今と同じ様に週2回のデイケアが受けられると良いと思います。
彼女の話だと、「経過がとても良いので、今までどうりに行くか解らないですね。」
  朝と昼間、 直立と座位 では、体の動きが随分違います。と強調しておきました。

 結果はどうなるかわかりませんが、
右手、右足に少々麻痺がありますが、頭はしっかりしています。
アンだけ喋って、脱線はしますが87歳の老人とすれば、年相応それ以上かもしれません。
元気になってくれて良かったです。

b0102639_123797.jpg

独壇場で、お疲れの事と思い、鏡割のおぜんざいをおやつにしました。
[PR]
by hannzou0522 | 2008-01-16 12:42 | 家族