夏休みの思い出!!

ある方のブログを読んでいて、夏休みに入り、姪っ子や甥っ子がやってきて、楽しいが、大変さが書いてありました。     懐かしく思い私も当時を思い出して見ました。


  まだ、子供達が小学生、幼稚園の頃から、5,6年のことです。 
    
b0102639_11221754.jpg

  夏休み、8月に入ると 早めに実家の方に子供達だけで行かせていました。
  
 大阪の時は、飛行機で行っていました。 (娘小1年生・息子年中さん から3年間くらい)
     大阪の飛行場の搭乗手続きをする時に、『子供だけの搭乗です。』と伝えます。
      時間前に搭乗口まで連れて行くと、場内案内の係りのお姉さんが迎えに来て
      下さって、子供達を手渡します。
      係りのお姉さんは、飛行機に乗せて下さって、
      シュチュワーデスさんに引継ぎ、約1時間の飛行機の旅を楽しんでいました。
      到着すると、シュチュワーデスさんが最後に一緒に連れて降りてくださる。
      到着口で、迎えに来てくれた両親に手渡してくださる。

 名古屋に着てからは、JRの夜行電車でした。(直通の飛行機が無い為)
                         (娘小4年生・息子小2年生 から2年間)
     名古屋駅23時30分くらいに出発して、最寄の駅に翌朝7時頃到着・・
       飛行機の様な便利なシステムは無いので、ちょっと心配でした。
       車掌さん部屋の近くに席を取ります。
         『○○の駅で、この子供降ろしてください』と、お願いをする。
        しかし、この車掌さんは途中の駅で交代が有るそうで
         『交代の車掌に連絡しておきます。』と、言っては貰えた物の、心配でした。
       一晩かけて、最寄り駅に到着。。
       迎えに来てくれた両親がホームまで迎えに来てくれる。

今思えばスリリングな、旅行をさせていました。。。良く子供達だけで行かせたなと・・・
  当時は、まだ平和だったんですね。
  今、こんなお願いをしても、誰も了解してくれませんね。
  

子供達は、飛行機は楽しかったようです。お菓子も貰え、
               シュチュワーデスさんに親切にして頂いたようです。
       JRの夜行電車は、私が書いた、通過駅マップを手に、ドキドキしたようです。
           朝も、車掌さんが起こしてくれる前に、起きて地図を見ていたようです。



  私は、子供達の居ない時間を楽しんでいました。が、送り込まれた、実家は大変だったんだろうなと今になって思います。台風小僧達が、静かに暮らしていた所に、突然来るんですから。
  両親に、改めて感謝をしたいと思います。 ありがとう ♪(゚▽^*)ノ⌒☆


    どうでも良い報告ですが、明日から『夏休み』に入ります。当分、ブログはお休みです。
        
[PR]
by hannzou0522 | 2007-08-10 12:04