南木曽岳

10月21日 (土曜日)   天気;;快晴・・・最高!!
 長野県南木曽町の南木曽岳(1677m)に行きました。
 朝夜明け前の名古屋から、SIさんご夫婦と、パパの4人で、出発します。 (5時30分)

国道19号線沿いの馬籠宿の道標を見送り、国道256号線に入り妻籠宿を通り過ぎ、蘭(アララギ)キャンプ場を通り過ぎ、やがて駐車場と成ります。
b0102639_210237.jpg
  
  現地駐車場、8時過ぎ到着・・・・
             車が数台止まっていました。関西、関東の車もあります。
             皆さん早くからの出発のようです。

さて、私達も出発です。
SIさんの奥さんは別行動で妻籠宿などを写真撮影に出かけ、13時30分集合と言うことで分かれました。
b0102639_213777.jpg
 
非難小屋の登山届けに記入し、トイレを済ませ登山道の方に向かいます。(8時30分)

天気も良く、森の中はひんやりして、穏やかな道のりでハイキング気分でルンルンです。
b0102639_21312415.jpg

↑『金時の産湯の池』  ↓『金時の洞窟』
b0102639_21315521.jpg

いきなり、急勾配のそれも、ハシゴと鎖の険しい道のりになってきました。
登っても登ってもいやに成るほどです。
b0102639_21504385.jpg

私は、登りになるとイキナリ無口に成ります。。もう帰りたい!嫌だ!
なのに、後ろからパパは大きな声で.
    『よっこい 正一!!ファイト!!』挙句のはて歌を歌い出す有様!!・・ムカついて来ます。
b0102639_2144311.jpg

『兜岩』  今にも落ちてきそうです。
b0102639_21512164.jpg

九十九折のような階段を登り、徐々に勾配が緩んで来ました。笹が多くなってきます。
b0102639_2294378.jpg

『山頂と三角点』  (10時30分)
やった!!山頂、三角点に到着です。しんどさが安堵にと変わってきます。
しかし、此処では眺望は望めません。木立の中で涼しい一時を過ごします。
b0102639_22272846.jpg

『南木曽岳大神』
神様に、此処まで無事歩けたことに感謝と、下山までの安全を祈願しました。
b0102639_205926.jpg

b0102639_22274797.jpg

b0102639_2228461.jpg

『展望台』
背丈も有りそうな笹原を通り過ぎると、360度見渡せる最高の展望台です。
スッゴイ!!最高です。
御岳、中央アルプス山脈、恵那など、一望です。
ここで、昼食にしました。おにぎりと、今回は、コーヒーを沸かして飲みました。
遠足感覚です。レジャーシートを敷いて、靴を脱ぎ足を伸ばします。

他の登山者も各自各々に、ラーメンを作る人、コーヒーを沸かす人、昼寝をしている人、様々でした。
b0102639_22284762.jpg

 そんなこんなしていたら、団体の登山者が登って見え、込み合い始めましたので私たちは早めに下山し始めました。  (11時40分)

笹原を掻き分けて下ります。
『麻利支天』
大きな岩の上に立って、最後の展望を楽しみます。
   私は、岩に登るのがちょっと怖そうだったので、止めました。そこに登らなくても、全てが景色満点です。

下りの急勾配のハシゴ、鎖!尋常では有りません。・・・皆さんは、前を向いて降りていきますが、私は、後ろ向きでハイハイです。。
本当に怖いんです。下を見ると、10数メートルハシゴです。マッ逆さまに落ちそうです。
天気がよく、木のハシゴが乾燥しているので良いのですが、雨で湿っていたら私にはお手上げと思われます・・・フー
   ≪降りるのが精一杯で、写真を撮ることが出来ませんでした。残念!!≫

下山しました。。。登山届けに、記入をします。 (13時30分)

SIさんの奥さんと合流。
b0102639_22571593.jpg

『雄滝と雌滝』
駐車場より数分で行ける、滝を観に4人で行きます。
空気がひんやりと、和ませてくれます。

  見所満点、歩き応えのあるのコースでした。
  しっとりした森、ハシゴ、鎖、岩登り、急な坂、笹原、眺望、高野松、変化に富んだ山歩きになりました。

疲れた体を癒すために、車ですぐのあららぎ温泉に行きました。b0102639_22581776.jpg
この温泉がまた、最高です。天然温泉の湯を引いているそうで、肌がつるつるになります。
コウヤマキで出来た湯船に入り、体をマッサージです。。。気持ち良い~~ヒノキもふんだんに使われています。

名古屋に向かって帰ることにします。 (15時15分)

  。。。楽しい一日をありがとうございました。。。。
[PR]
by hannzou0522 | 2006-10-24 23:23 | 山歩き・山小屋