半蔵

長らくブログを書かなかったような気がします。
正月も開け、新年意気揚々とした記事、そして、正月の様子を掲載しようと思っていました。。。

いろいろあって

やっとブログを書く気持ちになっりました。。。

b0102639_15315987.jpg

近所の初詣は、半蔵も一緒に行きました。

b0102639_1532116.jpg

正月は、わた息子夫婦が実家に里帰りの為、猫ちゃんは半蔵とお留守番でした。


半蔵の事を書きます。

昨年11月。。。。腹水が溜まり1.8L抜きました。(腹水の原因は??)
   抜いた後、数日は元気が無かったが、点滴と、身軽になったからなのでしょうか、元気に成った気がします。

昨年12月初め~半ば。。。。前日まで元気だったが、急な下血と嘔吐でビックリ。(薬と点滴)
   薬の効果が有ったのか、下血は治まり、嘔吐もしなくなる。しかし、柔便が続く。
   わた娘の結婚式にも、一緒に車で横浜まで行き、2泊3日のドッグホテルでも元気に過ごす事が出来る。

昨年12月終わり。。。。食欲が減り、トイレに1時間置きぐらいに行きたがる。
    便も柔らかく少しずつしか出ない。おしっこも、少ししか出ないがすぐ行きたがる。
    いつも食べているドッグフードが食べずらくなったようなので、手作りのご飯を作ったり、柔らかいドッグフードを与えてすごす。
   何時の元気はないようで、猫ちゃんが来ていても、追いかけることは無く、遠くから様子を見るだけ。

今年1月5日。。。。病院に連れて行く。
    見た目には、腹水が溜まっている様子は無かったが、
    エコー検査をすると又溜まっているので抜きましょう。。とのこと。
      
    半蔵は一度腹水を抜いているので、今回何か察したのでしょうか?
    前は、先生に連れられてさっさと、奥に入っていきました。 
    が、
    今回は入るのを渋って、先生に引っ張られて嫌がるので、私が半蔵を導いて入る。

    預けて、いったん家に帰る。

    4時過ぎ。半蔵が元気をなくしたので、点滴をしたいですがいいですか?と電話。。。
    腹水を抜いた事によって、ショク状態に成っていると思います。。とのこと。
    今夜は、酸素質で、点滴をして一晩入院していただきたいと思います。。とのこと。 

    すぐ、半蔵の様子を見に行きます。
    酸素室で、点滴をし、ぐったりとした様子を見ると、痛々しく悲しくなってきました。

    「半蔵!」と呼ぶと、よたよたして、酸素室で立ち上がり一歩足を外にだして、寄って来ます。
    「今晩、入院だから、点滴をしてもらって、明日、元気に成ってるからね。」
    半蔵の顔をなでて、声を掛けます。
   
    今回の腹水は0.8L。菌が繁殖していました。
    その腹水を見せてもらいましたが、茶色でした。
    一晩入院して、明日元気に成ったら、そく手術して、お腹の中を綺麗にしましょう。
    と、先生と話をして帰りました。

1月6日 5時57分。。。。病院から電話
    「半蔵君が、亡くなりました」  
    何で?どうして?何があったの?   
    「10時になったら、迎えに来てください。」との事。
 
    すぐにでも迎えに行きたかったんですが、10時を待って迎えに行きました。
    変わり果てた姿に、呼んでも呼んでも返事がありません。
    半蔵は9歳と7ヶ月です。早すぎる死でした。
    
1月7日。。。。長楽寺にて、お葬式
    一晩、家族で見守り、お葬式をしてやりました。
    



何処に行くにも、前を後ろにと、私達の周りに居ました。
北海道から、九州まで日本至る所に一緒に行きました。いつも一緒。。。
洗濯を干す時、取り入れる時も、いつも一緒。。。。
お客さんが来ると、一番に出て行きお客さんに、ワンワンと吠えて挨拶をし、私の所に戻ってきて、「お母さん、お客さん来たよ」と教るように吠えてくれました。
家族が淋しい顔をしていると、「如何したの?大丈夫!」と言う顔で、近くに寄り添ってくれました

あれも之も、一杯思い出します。。。
予期せぬ別れ、少し早い別れ。。。。。。。。。。。。
とっても可愛い、ハンサムボーイ。。。。ありがとう。。。



昨日は、阪神・淡路大震災が発生してから、20年の節目の時でした。
[PR]
by hannzou0522 | 2015-01-18 11:51 | ペット