♪♪ みちのく8人旅~~ ♪♪   十和田市編

9月21日 月曜  曇り
  みちのくの旅  最終日です。
  
5時15分 部屋の窓から本の一瞬見えた、朝焼けです。  今日もいい事が有りそう。。。
b0102639_0364846.jpg


b0102639_0405633.jpg

十和田湖では、早朝6時にビジターセンター前に行くと、ボランティアの方の有志で
 「早朝自然散策ガイド」が楽しめます。
  朝の気温はとても、寒かった。。。。昨日より、2枚も多く着込みました。
 十和田湖の水は、大方わき水で満たされているそうです。。。凄いですね。
b0102639_0411112.jpg

約1時間の散策です。
(乙女の像) 高村光太郎の最後の彫刻作品
        2人の裸婦が向かいあっている一対の像
        どの角度から見ても自分の方を見ているように感じさせるために眼が空洞に彫られる
b0102639_0495985.jpg
  

(十和田神社) 日本武尊(やまとたけるのみこと)を祀った神社
          彫刻がとても綺麗でした。
b0102639_0541388.jpg
 

一時間の散策が終わり、朝食バイキングにて、腹ごしらえです。。
今日の行程は、少し余裕が有るので、朝も少しゆっくりできました。



とは言うものの、8時30分にはホテルを後に、『奥入瀬渓流』に向かいます。
  奥入瀬は、十和田湖から唯一流れでる川だそうです。
車で、約1時間 石ヶ戸と言う所まで下り、そこから約1時間30分散策です。
b0102639_102385.jpg

b0102639_104615.jpg
b0102639_105821.jpg

 b0102639_135085.jpg  
・・・・渓流と車道とが近すぎて、渓流の静けさが無く、残念でした・・・・

奥入瀬牛乳 を売っていました。。
  渓流と牛乳のつながりが解ら無いまま、ありがたく頂きました。


私達は、奥入瀬で車を駐車する事が出来たので、散策できましたが、
駐車場が少ないので、止める事が出来ず、車の中からの見学だけの人も多かったようです。
観光バスも止まる事が出来ず、素通りの物も有ったようです。







次は、八甲田山に行きます。
  八甲田山は、一つの山ではなく、幾つかの山をまとめて呼んでいるようです。
  ロープウェイにて、田茂萢岳(たもやちだけ)まで上がりました。
b0102639_1241621.jpg

かすんでいますが、北の方向、陸奥湾方向の眺望です。
b0102639_1265093.jpg

雲の上に少し頭を出しているのは、西方向の、岩木山です。
b0102639_128867.jpg

この二枚の写真は何だと思いますか??
左の木は、笠松の木と松ぼっくりだと思います。大きな紫色のしっかりした、松ぼっくです。
右の木は??枯れた木の幹です。
       宇宙人??それとも、潜水夫??山伏??
b0102639_1295684.jpg

   八甲田山もとても込んでいました。
   ロープウェイは一度に101人の人を運ぶことができ、15分間隔で運行していました。
   困ったのは、食事です。。。頂上に食道がありますよ。の話で、上がったのですが、
                    小さな食堂が一か所だけ
                    店員は、厨房一人、カウンター一人の二人だけです。
                    一番早いだろうと思い、カレーライスを頼みました。
                    待つこと、1時間。。。。。食べるのに5分・・・・・写真を撮る余裕も無し
                    750円のカレーはとっても高価なものでした。033.gif
                    

  15時過ぎ、 八甲田山に霧が出始めると共に寒くなり、下山する事にしました。
   帰りの飛行機には、少し時間が有るので、どうしましょう!!
   今日の予定は後、19時25分発の飛行機で帰るだけでした
   とりあえず、飛行場方面に車を走らせました。
   オオオ!!!『ねぶたの里・・日本一の巨大青森ねぶた製作中』看板発見・・・・そちらにGogogo
b0102639_15542429.jpg
  
b0102639_1555919.jpg
b0102639_15551987.jpg

b0102639_1556441.jpg

b0102639_15555948.jpg

本当に大きなものでした。
之が、祭りの時練り歩くと 迫力あるんでしょう  o(*^▽^*)o~♪
b0102639_1635115.jpg

この大きな作品をどうやって作っているのか、実際に作っているおじさんがいたので、聞いてみました。

『ねぶた師』と言う職業があり(おじさんもその一人)、仕事として誇りを持ってやっていらっしゃるそうです。
ねぶた師は自分で、絵の構成を考え、始めは小さな絵をかき、それを元に立体的に成るように絵を書きなおし貼り付けて行くそうです。
絵の構成に他人が文句を言うと、腹が立つそうです。。。職人だね!!

針金と、針金を止める糸、和紙、骨組の3センチ角材・・・これだけで、形作るそうです。

実演で針金を曲げたり、止めたりして下さいました。
私達夫婦が「ふ~ ほ~ 凄い」と、感激して聞いていたら、他の観光客も集まって来ました。
すると、おじさんが「この二人は、桜だからね」と、言われてしまいました。  笑笑笑
実際見せてもらうと、感激です。。。
私や他の女性も針金を90度に曲げる事をさせてもらいましたが、直角になりません(-.-;)
思ったより、針金が固く、ペンチ一つでする事が出来ませんでした。理屈はわかるのですが、力が足りない!!

そんなことで、ねぶた師で女性は今の所いないそうです。




さて、飛行機の時間も近づき 楽しかった旅行も終わりに成りました。
b0102639_16251750.jpg

  青森空港19時25分発、中部空港20時50分着の飛行機に乗り込みました。


青森は、初めての土地でした。
私の行く前の勝手な印象は、北国で寒く暗く辛いイメージでした。特に、恐山は怖い所って感じでした。
しかし、青森は、明るく、明るく、平野も多く開けたところでした。
青森の方には、本当に申し訳ない印象を持っていたのですが、之からは、胸を張って、いい所だったよ!!と言えます。
行って、見て、聞いて、触って・・・・・勝手な偏見はいけせんねo(*^▽^*)o~♪


これにて、みちのく8人旅は終わります。
  次回行くために、健康維持と、積み立てをコツコツしないとねo(*^▽^*)o~♪


 
[PR]
by hannzou0522 | 2009-10-02 01:24 | 旅行